« カボッションカットの石 | トップページ | カボッション3−スターの出るもの »

カボッション2-キャッツアイ

カボッションについての続きです。

キャッツアイ、猫目石といえば、やはりクリソベリル。
独特の黄味のある色合いとシャトヤンシー効果の組み合わせが、他の宝石にはみられない魅力を醸し出しています。
個人的には、こぼれてどこかへいってしまいそうな、雫のように小さなクリソベリルキャッツアイにひかれるのですが、財産的価値の問題なのか、かえってあまり出会えない気がします。
同じくクリソベリルの一種ですが、あたる光の種類によって色がかわるのがアレキサンドライト。このアレキサンドライトでシャトヤンシー効果が現れるのが「アレキサンドライトキャッツアイ」と呼ばれるわけですが、私はまだこれを一度もみたことがありません。

クリソベリル・キャッツアイのルースをふたつ。

約8.6×8.2×5.8mmクリソベリル・キャッツアイ(4.03ct)【スリランカ産】【鑑別書無料】【送料無料】約7.4×6.2×5.0mmクリソベリル・キャッツアイ(2.13ct)【スリランカ産】【鑑別書無料】【送料無料】


 
こちらはリングに加工したもの。
キャッツアイのリングは他の石以上に好みが出そうに思います。
【合計3.20ct】Ptキャッツアイリング ★送料無料★【合計3.40ct】Ptキャッツアイリング ★送料無料★

クリソベリル以外のキャッツアイは、と探していたら、とんでもないものが出てきてしまいました。
エメラルドのキャッツアイ。
いえ、エメラルドのキャッツアイ自体は探せばそれなりにあるわけですが、問題はその質と大きさです。
64カラット超。26.9×20.5mm。

64.90ctキャッツアイ







ぜひ、上の画像クリック先のサイトで、詳しい写真をみてみてください。

びっくりしてしまったので、他の石についてはまた別の機会に。
それにしてもこのエメラルド、おいしそうです。








 

 

|

« カボッションカットの石 | トップページ | カボッション3−スターの出るもの »

眺めるもの・さわるもの」カテゴリの記事

身に付けるもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/533848/12333644

この記事へのトラックバック一覧です: カボッション2-キャッツアイ:

« カボッションカットの石 | トップページ | カボッション3−スターの出るもの »